ネットワークを使わずにセカンドチェックが行える!
対策型胃検診 内視鏡向けレポートシステム(USBキット)です。

対策型胃内視鏡検診の運用でこんな「お困りごと」ありませんか?

  • 内視鏡はDICOM化されていない施設も多く、データの管理が難しい
  • 関連する施設や先生が多く、ネットワークでつなぐにはコストがかかる
  • とにかく、どうやったらいいのかわからない・・・

PAXiSなら、その「困った」を解決することができます!

本製品は、USBメモリ内のソフトウェアを使って画像保存・確認・所見入力ができるため、新たな端末やシステムを購入する必要がありません。
自治体、医師会、健診センター、開業医など、関連する施設の多い対策型胃内視鏡検診のための仕組みです。

システム構成

検査実施施設の検査画像と所見をUSBメモリに保存し、セカンドチェックを実施する施設(医師会等)に送り、レポートを作成、画像を評価したあと、結果を出力します。
endoscope_system_image

※ 本製品は医療機器ではありません。

Check01 [ USBメモリ内で ]

  • DICOM/Jpeg画像の登録(取込み)
  • 個人情報、問診情報入力
  • ダブルチェック
  • レポート結果をCSV形式で出力
  • 画像評価による精度管理

Check02 [ USBメモリだから ]

  • 高セキュリティ(暗号化、データ漏洩防止)のUSBメモリを採用
    ※ウイルス対策は別途ご提案申し上げます。
  • 施設・医師会間でUSBメモリのデータをネットワーク経由で受け渡しすることも可能

endoscope_system_image

Check03 [ QRコードも ]

  • 内視鏡カメラでQRコードの読み取りに対応

お問い合わせ

内容に関するお問合せ、詳しい資料のご請求、デモンストレーションのご依頼など、お気軽にお問合せ下さい。


■ お電話・メールによるお問い合わせ
キッセイコムテック株式会社
公共・医療ソリューション事業部 PAXiS担当
受付時間:平日9:00〜18:00
TEL:0263-48-5551(直通)
製品名対策型胃検診 内視鏡システム PAXiS-ES Portable
分類PACS
製品概要ネットワークを使わずにセカンドチェックが行える!
対策型胃検診 内視鏡向けレポートシステム(USBキット)です。
資料 カタログダウンロード 資料ダウンロード