マウス、ラット等の実験動物の自発運動量を計測し、薬理試験・実験・研究・教育などに用いる小型の運動量計です。

image_nanotag
一匹毎にnano tagを装着するため、一つのケージ内で複数匹の運動量を同時に計測することができ、従来難しかった集団活動や、親子間の関係などを計測することができます。また、集団行動する動物においては、ケージ内に一匹というストレスがかかる状態でなく、群飼育することで自然な状態での計測が行えます。

運動量と温度が計測可能

nano tagでは、運動量と温度(※1)を連続で計測できます。
運動量は3軸加速度センサーから、温度は温度センサーから取得します。

graph_image
計測例(ラット):日精バイリス株式会社 滋賀研究所にて計測

※1 本体内に温度センサーがあるため、計測される温度は本体内の温度となります。

1ケージ内で複数匹の計測が可能

体内に埋め込むだけなので、ケージ内で複数匹の計測を可能にします。

防水対応(IPX7相当)

動物体内への埋め込みを想定しているため、防水性に優れています。

最大60日間の計測が可能

内部に電池を搭載しており、最大60日間(※2)までの計測が可能です。

電源のON/OFFにより、連続計測はもちろんのこと、トータルで60日間の計測を行うことができます。
また、タイマー予約機能(※3)により、自動的に計測の開始/停止を制御することも可能です。

※2 利用方法によっては、60日間計測できない場合もございます。
※3 タイマー予約を設定した場合、収録せずに待機している時間も電池が消耗します。そのため、タイマー予約の待機時間が長くなった場合、60日間の収録ができない場合がございます。

FeliCa通信に対応

計測したデータは、nano tag本体に保存されます。
保存したデータは、FeliCa通信によってパソコンへ取り込みます。
nano tagを動物に埋め込んだ状態(※4)で、計測の開始・停止の制御やデータの読み込みが行えます。

※4 体内への埋め込みについて
通信は非常に微弱な電波です。体内に埋め込む際には、以下にご注意ください。皮下に埋め込む場合は、nano tagのアンテナ部分が外側になるように埋め込んでください。アンテナ部分が内側だと通信が行えませんので、ご注意ください。

腹腔に埋め込む場合は、nano tagの計測を開始してから体内に埋め込み、体内から取り出してからデータの読み込みや計測停止をしてください。腹腔内ではカードリーダーとの距離が長くなるため通信が行えませんので、ご注意ください。

ディスポーザブル

nano tagは、ディスポーザブル(使い捨て)となります。
小型軽量化および防水性を高める構造のため電池交換は行えません。

小型で軽量

サイズは1円玉より小さく、重さもたったの2.5g(電池含む)です。
size_nanotag

運動量の計測について

運動量の計測においては、振動数を計測しています。

【振動数】
3軸加速度センサーにて計測したXYZの合成波に対して、単位時間当たりに閾値を下から上に横切った回数(振動数)を運動量としてカウントしています。

undou_shindou
※閾値については、任意に設定が可能です。

記録間隔と記録可能日数

運動量
記録間隔 12秒 30秒 1分 2分 4分 5分 記録なし
温度 12秒 4 - - - - - 9
30秒 6 10 - - - - 22
1分 7 13 20 - - - 45
2分 8 16 25 37 - - 60
4分 8 18 30 47 60 - 60
5分 8 18 31 50 60 60 60
記録なし 9 20 36 60 60 60 -

単位:日数

※「記録なし」とは、運動量または温度のいずれかを計測しなかった場合です。例えば、運動量および温度の記録間隔を1分(※1)に設定した場合、最大で20日間(※2)の計測が可能です。この場合、1分毎に計測データが保存されます。

※1 運動量と温度の記録間隔は、個別に設定可能です。例えば、運動量は1分、温度は2分毎の間隔で計測することもできます。
※2 上記日数の制限は、内部に搭載されているメモリ容量と電池によるものです。メモリが一杯になる前に(※3)適時データをパソコンへ取り込んでおけば、最大60日間までの計測が可能です。
※3 計測モードには、「メモリフルで停止」と「ループ」(メモリフルで再び先頭から上書きする)、「任意時刻指定」(開始および停止の時刻を任意に指定する)の3種類がございます。連続で長期間の計測を行う場合は、「メモリフルで停止」以外のモードを選択してください。

データの読み込み

nano tagの設定やデータの読み込みは、FeliCa通信により行います。
USBケーブルで延長することにより、動物に近づけてデータの取り込みを行うことも可能です。

非接触ICカードリーダー/ライター(FeliCa端末)

device_pasori
パソリ

※ データ読み込みには、別途nano tagビューアプログラム「nano tag/Viewer」が必要になります。
※ 体内への埋め込みについて
通信は非常に微弱な電波です。体内に埋め込む際には、以下にご注意ください。

・皮下に埋め込む場合は、nano tagのアンテナ部分が外側になるように埋め込んでください。アンテナ部分が内側だと通信が行えませんので、ご注意ください。
nanotag_frontnanotag_back
【注意】
アンテナ側が外(電池側は内)になるように埋め込んでください。
電池側には白色のシールが貼付されています(上図参照)

・腹腔に埋め込む場合は、nano tagの計測を開始してから体内に埋め込み、体内から取り出してからデータの読み込みや計測停止をしてください。腹腔内ではカードリーダーとの距離が長くなるため通信が行えませんので、ご注意ください。

仕様

検出方法 3軸加速度センサー、温度センサー
通信方法 近距離無線通信(felica方式)
通信距離 約10mm
時計精度 月差±60秒
内部電池 CR1220(電池の交換はできません)
電池寿命 約2カ月(24時間測定で、通信1日1回2分以内)
計測モード 1:ループ、2:メモリフルで停止、3:任意時刻指定
運動量 振動数
温度 10〜45.875℃ 計測温度幅15.875℃(分解能:0.0625℃、誤差:±0.5℃)
防水 ipx7相当
材質 abs樹脂、エポキシ系接着剤
サイズ 15mm × 14.2mm × 7.1mm
重量 約2.5g
nano tagは、株式会社アコーズの登録商標です。
FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
パソリは、ソニー株式会社の登録商標です。
以下のプログラムと連携しています。

nano tagビューアプログラム nanotag/Viewer

nanotag_viewer nano tagの設定やデータの読み込み、グラフ表示やCSV出力などが行えます。
【主な機能】

  • nano tagの設定
  • 計測開始/停止の制御
  • データ読み込み、初期化
  • グラフ表示
  • CSV出力など

価格

運動量計測装置

商 品 名 型 式 定 価(円) 備 考
nano tag(5 pack) vsmn-200/5p 110,000円(税抜) @22,000円(税抜)
nano tag(10 pack) vsmn-200/10p 220,000円(税抜) @22,000円(税抜)
nano tag(20 pack) vsmn-200/20p 440,000円(税抜) @22,000円(税抜)

ソフトウェア

商 品 名 型 式 定 価(円) 備 考
nano tagビューアプログラム nanotag/Viewer 300,000円(税抜) (※1)
※1 nano tagを利用するために別途必要となります。

周辺機器

商 品 名 型 式 定 価(円) 備 考
非接触ICカードリーダー/ライター
PaSoRi(パソリ)
RC-S380 open SONY社製
(※2)
※2 1mのUSBケーブルが添付されております。

デモンストレーション(nano tagを試用されたいお客様向け)

商 品 名 型 式 定 価(円) 備 考
運動量測定装置デモ用セット VSMN-200/Demo Set 35,000円(税抜) (※3)
※3 本製品は評価用キットです。nano tag(1台)とnano tagビューアプログラム(デモ版)が含まれます。

※別途、非接触ICカードリーダー/ライターが必要になります。

※ビューアプログラム(デモ版)の機能は、製品版と同等ですが、以下制限がございます。
・同封されるnano tagのみ利用可能です(別のnano tagでは動作いたしません。)
・デモ用セットを複数購入することも可能ですが、nano tagとビューアプログラムはセット(対)になっておりますので、nano tagが変われば、ビューアプログラムに添付されているUSBドングルも付け替える必要がございます。

nano tag を研究にお使いいただいた実績を、 一部ご紹介させて頂きます。

年度 論文
2019 Continuous measurement of locomotor activity during convalescence and acclimation in group-housed rats
Takahiro YOSHIZAWA, Shin SHIMADA, Yoshito TAKIZAWA, Tsuyoshi MAKINO, Yasuhide KANADA, Yoshiharu ITO, Toshiaki OCHIAI, Kiyoshi MATSUMOTO
DOI: https://doi.org/10.1538/expanim.18-0097
2019 Hyperreflexia induced by XLR11 smoke is caused by the pyrolytic degradant.
Kyoko Hataoka Asuka KaizakiMitsumoto Mika TakebayashiOhsawa Natsumi Hattori Masahiko Funada Satoshi Numazawa
Forensic Toxicology
DOI:https://doi.org/10.1007/s11419-019-00476-z
2018 Does environmental enrichment increase locomotor activity in rats?
Evidence from an implanted sensor device

Mizuki Sudo, Toshiya Nagamatsu, and Soichi Ando
体力研究 BULLETIN OF THE PHYSICAL FITNESS RESEARCH INSTITUTE No.116 pp.29〜32 Apr., 2018
DOI: https://doi.org/10.20793/tairyokukenkyu.116.0_29
2017 Pyrolysis of UR-144, a synthetic cannabinoid, augments an affinity to human CB1 receptor and cannabimimetic effects in mice.
Kaizaki-Mitsumoto A, Hataoka K, Funada M, Odanaka Y, Kumamoto H, Numazawa S.
The Journal of Toxicological Sciences. 2017;42(3):335-341.
DOI: https://doi.org/10.2131/jts.42.335

お問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

キッセイコムテック株式会社
公共・医療ソリューション事業部
TEL:0263-48-5551
製品名nano tag
分類計測装置:活動量 (動物用途)
製品概要動物用途向け体内埋め込み式の運動量計測装置
資料 カタログダウンロード 資料ダウンロード