astep_top01

ヤマトヨ産業様は、大手レントオールフランチャイズチェーン加盟店としてホーム用品、イベント用品、福祉用具、住宅改修提案などを行うレントオール事業、ヘルスレント事業を行っています。これらの事業に適用すべくレンタル業務システムKAREN-CORE for WEB(以下、KAREN-CORE)を導入して頂きました。今回は、導入経緯や導入効果について、事業部長 白井様にお話を伺いました。

以前はどのような課題がありましたか?

KAREN-CORE 導入以前は、以下のような課題を持っていました。

@一般的な販売管理システムで在庫管理を行っていた為、どのお客様に何の商品を貸出ているのかを
正確に把握する事が困難でした。その為、10〜20%の余剰在庫を持つ必要がありました。

A貸出単価や貸出料金を営業担当者が個別管理していた為、お客様毎に料金設定のばらつきが発生し、
正確な原価率の把握が困難となっていました。

Bお客様によっては契約単位毎の一括返却ではなく、複数回に分けて返却されるなど、
オペレーションが複雑化しておりミスにつながっていました。

C上記からも分かる通り、正確な在庫数、料金設定、原価などが把握できておらず、経営分析が困難でした。

KAREN-COREの導入により、どのような業務改善効果がありましたか?

astep_top01

業務改善効果は多岐にわたりますが、
『システムから出てくる数字が信頼できるようになった』点が大きかったです。

具体的には以下のような業務改善効果がありました。

@余剰在庫(10〜20%)を最低限に削減する事が可能となり、在庫適正化を実現できました。

Aお客様毎にばらつきの発生していた貸出単価、貸出料金を一元管理する事が可能となりました。
これにより正確な原価管理につながりました。

B検品ミスや誤出荷を大幅に低減できました。

C商品毎のメンテナンス管理(正常、整備、清掃、修理、廃棄等)のステータス付与が可能となりました。

Dほぼリアルタイムでの経営分析が可能となり、営業会議や経営会議向け報告資料の作成工数を大幅に低減できました。また、数年単位での実績をもとに正確な年間目標を立てられるようになりました。

KAREN-COREの選定理由をお教えて下さい。

システム選定当時、キッセイコムテックの他に2社の候補がありました。その2社は一般的な販売管理システムにカスタマイズを加えた上での提案でした。一方、KAREN-COREは標準でレンタル業務に最適化されており、業務マッチ度が最も高かった事が選定の理由です。

astep_top01

導入時の注意点等ありましたらお教え下さい。

旧システムからKAREN-COREへの切り替えを行った際、担当部門がシステムを使いこなせないという問題が発生しました。習熟度があがると共に3ヶ月ほどで収束しましたが、事前に十分なトレーニングが行うことが重要と感じました。

今後、どういったシステム投資や業務改善施策を検討していますか?

KAREN-CORE導入時に積み残しとなっていた課題でもあるのですが、RFIDを使った入荷、出荷管理を行いたいと考えています。また、全社一括での入金消込が可能となるよう対応を行いたいと考えています。

他社との差別化やビジネス発展の為にどのような施策を検討していますか?

レンタル商品の修理、故障等のメンテナンス履歴管理の徹底を行いたいと考えています。また、回転率、修理回数等の集計データから劣化・故障予測を行い、お客様先での故障発生を事前に防ぐ等、顧客満足度向上につなげたいと考えています。

ご要望等ありましたらお聞かせください。

スマートフォン活用等の機能を強化して頂けると嬉しいです。例えばハンディターミナルやRFIDリーダーの代わりにスマートフォンを活用できれば、初期投資を抑える事につながります。

お問合せ

お問い合わせフォーム(ビジネスソリューション)
ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

本事例リーフレット(PDF)ダウンロード

導入事例(ヤマトヨ産業様 KAREN-CORE)

事例名導入事例:レントオール事業、ヘルスレント事業
会社名ヤマトヨ産業株式会社
ソリューション レンタル業務システムKAREN-CORE
事例概要レントオール事業における在庫、レンタル、料金(原価)管理の標準化、管理レベル向上を実現すべくレンタル業務システムを導入